取り組みの経過

平成07年
3月 町環境保全型農業推進方針を策定
平成12年
7月 京とうふ加悦の里(株)が操業(丹工加工場跡地に企業誘致)
平成13年
6月 町有機物供給施設が稼働
平成13・14年
「京の豆っこ」肥料の実証試験(水稲、施設園芸)を行う
※試験実施主体=町農業技術者会(京都府、普及C、JA、町)
※施設園芸については、いわゆる「ボカシ肥料」として使用
平成15年
2月 京の豆っこ米生産振興大会」を開催
スローガン
 <自然循環農業を進めよう>
 <加悦町産をトップブランドに育てよう>
 <農家所得の向上に繋がる米づくりを目指そう>
6月 JA「京の豆っこ米」生産部会設立(H17年4月JA合併)
10月 J食味・品位計による、京の豆っこ米の数値化開始
⇒ 生産者に提供することで、肥料過剰や胴割れの対策など、
目で見て分かるようになった。
平成16年
「特別栽培米(減化学肥料・減農薬)」の栽培を開始
(農薬5割以上削減、化学肥料5割以上削減)
京の豆っこ肥料のみの栽培の場合、9割削減
10月 J台風23号による被災
平成17年
「災害復旧事業、引き続き「特別栽培米(減化学肥料・減農薬)」を栽培
平成18年
3月 与謝野町の誕生(加悦町、岩滝町、野田川町が合併)
4月 合併を機に、旧野田川町域で栽培(2ha)が開始
平成19年
5月 旧岩滝町域で試験生産開始
12月 「京の豆っこ米」の学校給食利用が開始 ※現在、2幼稚園9小学校2中学校で実施
平成20年
2月 与謝野町 京の豆っこ米振興大会の開催
スローガン
 <自然循環農業による環境に優しい農業を進めよう>
 <京の豆っこ米をトップブランドに育てよう>
 <消費者に信頼され、市場に評価される米づくりを目指そう>

丹後コシヒカリが「特A」を2年ぶりに獲得 ※西日本で唯一「特A」評価
3月 イトーヨーカドーにて「京の豆っこ米」の販売が開始(京都祐喜㈱流通)
5月 天橋立、阿蘇海の自然環境改善のため、浅水代かきの実証試験展示圃を実施
6月 スーパー豆っこ肥料の追肥試験・・・4種類(N成分を高め、散布量を軽減)
平成21年
2月 丹後コシヒカリが「特A」を2年連続で獲得
4月 「京の豆っこ米」の栽培面積が100ha を突破
5月 天橋立、阿蘇海の自然環境改善のため、浅水代かきの実証試験展示圃を実施
6月 スーパー豆っこ肥料の追肥試験 1種類(魚粕の増量でN成分を高める)
8月 「びっくり!エコ100選」に認定
12月 12月丹後コシヒカリ50周年記念農業セミナーで、丹後産コシヒカリのブランド化への取り組みとして、「特色のある米づくりを目指した『京の豆っこ米』」として講演
平成22年
2月 丹後コシヒカリが「特A」を3年連続で獲得
3月 農林水産省主催 第15回環境保全型農業コンクール
優秀賞「全国環境保全型農業推進協議会会長賞」を受賞
4月 クリーンはしだて1人1坪大作戦に参加 日本三景「天橋立」の清掃をとおして、 ふるさとの美しい自然や文化を守り育てるものです。

スーパー豆っこ肥料の元肥試験(魚粕を増量することでチッソ成分を高める)
5月 「京の豆っこ米」の栽培面積が118ha を突破